企業でCMSを導入するメリットとデメリット

Merit & Demerit of CMS

CMSとはHTMLやCSSなどの専門的なプログラム言語の知識が無くとも、高度なWEBサイトの運営ができる仕組みです。 最近では、一般的なレンタルサーバーでも「簡単インストール」などのサービスにより、ボタンをクリックするだけで簡単にWordPressやMovableTypeなど主要なCMSがインストールできます。
WordPress(ワードプレス)やJoomla(ジュームラ)のようにオープンソースでありながら多くの機能を実装したCMSも数多く存在します。
企業や個人のWebサイトにCMSを導入した場合にどのようなメリット、デメリットがあるのかをご紹介いたします。

CMSサイトとは

CMS. コンテンツマネージメントシステム(Content Management System)の略称で、ホームページ作成ソフトや特別なHTML、CSS言語を知ることなく、インターネットに接続できるディバイス(パソコン、スマフォ、タブレット)から簡単に記事の投稿、更新、修正、削除が行える仕組みのことです。
CMS用のテンプレートをプログラマーやデザイナーに構築してもらい、決められた場所の記事やページを管理画面から簡単に変更できる事が特徴です。
CMSサイトとはどのようなサイトかを説明
そのため、データベースで体系的に整理整頓されたテンプレートのため、管理がしやすいのが特徴です。
一般的にHTMLのホームページを修正する際は、製作会社に依頼をするか、HTMLやCSSのスキルを持った個人がソフトを使って修正し、FTPサーバーにデータをアップロードする必要があります。CMSは文章を書く能力さえあれば、誰でも更新することができます。ビジネス用ホームページで導入する会社もここ最近急増してます。

世界のCMS普及率は約3割

豪Q-Success社が運営するリサーチサービスW3Techsのレポートによると、2013年7月1日現在、Webサイト全体の中でCMSを搭載したサイトの占める割合は約32%となっています。その中でもWordPress(ワードプレス)は61.1%がCMS内でのシェア率が最も多く、2位のJoomla(ジュームラ)<http://joomla.jp/>より圧倒的な差を付けております。
世界のCMS普及率は約3割
ちなみにCMSのマーケットシェアは、1位がWordPress(ワードプレス)で61.1%、2位はJoomla(ジュームラ)で10.3%、3位はDrupal(ドゥルーパル)で6.3%となっています。日本で比較的人気のあるMovable Type(ムーバブルタイプ)は0.3%、XOOPS(ズープス)は0.2%でした。いまやWordPress(ワードプレス)はCMS業界のガリバーといってもいいでしょう。

企業でCMSを導入するメリットとデメリット

CMS merit for company

様々存在するCMSの中でもWordPress(ワードプレス)<https://ja.wordpress.org/> 日本を初め、世界でも、ダントツのシェアを誇るCMSがWordPressです。オープンソースなのでライセンス費用がかからない上、ブログ更新に向いているなど、個人サイトでも受け入れやすいのが人気の1つです。WordPressで気を付けておきたいのはセキュリティ面です。しっかりとしたセキュリティ対策が企業サイトでは必要となります。

CMSサイトのメリット・デメリット

CMS merit for company

CMSには具体的にどんなメリットがあるのか?
また注意しなければいけない点はどんなところか?
ここでは主に中小企業ホームページの担当者側からみたCMS採用のメリットデメリットを説明いたします

CMSホームページのメリット
1.コンテンツ内容の更新が簡単
CMSの最も選ばれる理由が更新の簡単さにあります。一般的なHTMLサイトは、HTMLやCSSを理解した担当が、DreamWaverやHomePagebilderなのどのホームページ作成ソフトを使って変更を行います。それら知識が無い方は製作会社に依頼をし、お金を払って依頼をするのが一般的です。しかしCMSのメリットは担当社がネットにつながっている端末(パソコン、スマフォ、タブレット)などどこからでも簡単に記事の編集、追加、更新が可能となります。 時間的な優位性もあり、製作会社など他者に依頼する場合は完了までに数日のタイムロスが発生しますが、XMSの場合は更新者の作業が終わった時点で即完了するメリットがあります。
一般的企業担当社はWEB更新専属ではないため「パソコンが得意」や「総合的業務」などでサイト更新を兼任していることが多く見られます。
サイトの更新や管理に大幅な時間を割くこともあります。しかし全てのページが容易に更新できるという訳ではなく、一般的な新着情報やブログであれば標準機能のCMSで問題無く更新可能です。しかし会社概要や商品情報などの更新は、htmlやCSSを直接編集する必要があります。そのため、CMS構築の才は、製作会社との打ち合わせで、どこまで簡単に更新するかを事前に打ち合わせる必要があります。
2.複数人の担当社でサイト管理が可能
CMSを使えば、広報、営業、マーケティングごとにIDとパスワードを発行し、各部署が担当ページを更新することが可能です。広報であれば新商品の発表、営業であればキャンペーン情報、マーケティングであれば調査依頼などの告知も可能。部署毎に管理もできます。
また、各担当者毎の権限機能の別けることができ、記事の投稿のみ、記事の投稿を許可する、サイトの管理者などログインIDによって、利用できる機能を制限することも可能です。
この権限機能は業務リスクの回避にも活用出来、特定の特定の担当社のみにサイトの更新業務を集中させない、担当引き継ぎ、だれが更新したか?など様々な情報の細分化が可能。経営者や管理職には大きなメリットがあります。
3.ページデザインの統一性を担保
決められたテンプレートでページ更新が行われるため、デザインの統一性が保たれます。利用者に対してもユーザビリティ(使いやすさ)にも優れており、運用側も担当社が変わるたびに、コーディングルールや画像の名前の付けかあ、保存場所など最初に決められた場所で統一されるため、引き継ぎが簡単にできます。
そういった意味ではCMSはプログラム設計通りに作られるため、初めて担当社でも簡単に習得可能です。
4.ページ追加に費用がかからない
サイトを運営するにあたり、同様の記事ページが追加になると、制作会社に依頼をかけ、追加費用が発生しますがCMSの場合はページ追加ボタンを押すだけで、同様のテンプレートでページが新規に追加されページ追加費用がかかりません。運用コストが抑えられるのもCMSのメリットです。
5.SEO対策にも最適
YahooやGoogleなどの検索エンジン上位表示の対策として、CMSは検索エンジンに最適化したコードで作ることが可能です。担当社のコーディングスキルに影響されることなく、追加ページや、更新内容も体系的に整理されるので結果的に検索結果で上位表示されること望めます。
6.無償プラグインが豊富
WordPressなどは無償で便利なプラグイン(追加機能)が世界中のプログラマーにより開発されております。たとえて言いますと、車のオプション付属品みたいな感じです。しかもそれは無料が多く、新規でプログラム開発により実装すると費用が発生しますが、プラグインを利用すれば安価に高機能なCMSサイトを作ることも可能です。
CMSホームページのデメリット
1.通常の静的ページ(html)サイトと比べて制作費が割高
静的HTMLの機能に付加する形でCMSの機能を追加するので、HTMLのみの静的ページより若干制作費が割高になります。
しかし、日々の更新を外部業者に依頼し変更費用を払うことと比べれば中長期的に見て割安になることがあります。変更内容がないランニングページなどは静的ページ、可変がよくあるサイトはCMSサイトなど用途を別けて利用するのが得策です。初期費用(イニシャルコスト)を押さえて制作したいと思う場合はCMSは不向きかもしれません。
その点も、用途を踏まえて営業が丁寧にヒアリングさせていただき、お客様にあったサイト制作提案を申しあげます。
2.ちょっとHTMLを知ってるデザイナーでは変更が大変
静的なHTMLサイトに比べCMSの機能を備えたサイトは、作り込みが複雑。異なるページでも、他ページで共通部分のhtmlを流用して読み込んだり、CMS特有のタグが存在したいたします。そのため、静的HTMLのみを知っているデザイナーでは、デザインの変更が難しく大幅な可変に時間がかかります。
3.バックアップの必要性
通常、静的HTMLとCSSで作成したサイトはローカル(作業したパソコン)にFTPサーバーにアップロードする前のデータが残っています。
しかし、CMSはネット上の管理画面から記事の投稿をするため、投稿記事のデータはローカルパソコンには残りません。そのため、定期的に投稿したデータをバックアップする必要がございます。
CMSプラグインの中には定期的に投稿記事のデータを自動バックアップし、登録したメールアドレスにバックアップデータを送る機能を備えたものもあります。
それらプラグインを併用することで、バックアップの作業も軽減可能です。
4.記事投稿の作業が発生
今まで、制作会社などに丸投げしていた記事投稿、ニュースお知らせなどは自社で行えるようになるため、記事をアップロードする手間が発生いたします。
しかし、制作会社に変更依頼を出すにしても、原稿は自社内で制作するため一度作った原稿をコピー&ペーストでWordPressのダッシュボード(管理画面)に貼り付けて公開するだけです。
手間と言っても、原稿が手元にあるのであればアップロードする手間はそれほどではございません。
CMSでは下記のような事も可能
CMSは並び替えが得意!具体的には日付ごと、商品カテゴリごと、地域別、ユーザーやグループごとなど抽出して別けて表示することが得意です。
ニュースやお知らせもカテゴリ毎に別けて日付でソートして表示などCMSでは簡単にできます。
商品をカテゴリごとに紹介
商品紹介などはCMSで事前に準備したカテゴリ項目にチェックするだけで商品を大中小カテゴリに分けて紹介することも可能。
また、関連商品や商品並び替え、商品カテゴリ変更もHTMLソースを変更することなく、管理画面で簡単操作。
不動産サイトにも最適
自社の施工実績や販売実績を紹介するページでは写真が重要になります。写真の位置や大きさなど事前にデザインテンプレートで決め、紹介時は管理画面から写真をアップロードするだけ。販売中のカテゴリにある物件も、ボタン一つで商談中物件→成約物件と簡単にカテゴリー移動が可能です。
不動産サイトにある、一覧紹介、物件詳細紹介など、管理画面で物件登録するだけで、自動でそれら情報を既存情報に加えて紹介することができます。
WEB制作の流れをご説明
HTML5 CSS3の最新コーディング説明
アメブロカスタマイズ
Google Analyticsを用いたWEB解析
WordPress、Movabletypeなどを用いたCMSサイト制作
トップページ >企業でCMSを導入するメリットとデメリット
ワードプレス更新事例
ムーバブルタイプとワードプレスの比較

企業でCMSを導入するメリットとデメリット

CMS merit for company

CMSとはHTMLやCSSなどの専門的なプログラム言語の知識が無くとも、高度なWEBサイトの運営ができる仕組みです。 最近では、一般的なレンタルサーバーでも「簡単インストール」などのサービスにより、ボタンをクリックするだけで簡単にWordPressやMovableTypeなど主要なCMSがインストールできます。
WordPress(ワードプレス)やJoomla(ジュームラ)のようにオープンソースでありながら多くの機能を実装したCMSも数多く存在します。
企業や個人のWebサイトにCMSを導入した場合にどのようなメリット、デメリットがあるのかをご紹介いたします。

CMSサイトとは

CMS. コンテンツマネージメントシステム(Content Management System)の略称で、ホームページ作成ソフトや特別なHTML、CSS言語を知ることなく、インターネットに接続できるディバイス(パソコン、スマフォ、タブレット)から簡単に記事の投稿、更新、修正、削除が行える仕組みのことです。
まず初めに、CMS用のテンプレートをプログラマーやデザイナーに構築してもらい、決められた場所の記事やページを管理画面から簡単に変更できる事が特徴です。
そのため、データベースで体系的に整理整頓されたテンプレートのため、管理がしやすいのが特徴です。
CMSサイトとは何かを説明
一般的にHTMLのホームページを修正する際は、製作会社に依頼をするか、HTMLやCSSのスキルを持った個人がソフトを使って修正し、FTPサーバーにデータをアップロードする必要があります。CMSは文章を書く能力さえあれば、誰でも更新することができます。ビジネス用ホームページで導入する会社もここ最近急増してます。

世界のCMS普及率は約3割

豪Q-Success社が運営するリサーチサービスW3Techsのレポートによると、2013年7月1日現在、Webサイト全体の中でCMSを搭載したサイトの占める割合は約32%となっています。この結果は意外でした。Web制作会社である弊社のクライアントだけをみると、CMSを使っている企業はもっと多いのですが、全世界でみればこれ位なのかもしれません。

世界のCMS普及率は約3割
その中でもWordPress(ワードプレス)は61.1%がCMS内でのシェア率が最も多く、2位のJoomla(ジュームラ)<http://joomla.jp/>より圧倒的な差を付けております。

企業でCMSを導入するメリットとデメリット

CMS merit for company

様々存在するCMSの中でもWordPress(ワードプレス)<https://ja.wordpress.org/> 日本を初め、世界でも、ダントツのシェアを誇るCMSがWordPressです。オープンソースなのでライセンス費用がかからない上、ブログ更新に向いているなど、個人サイトでも受け入れやすいのが人気の1つです。WordPressで気を付けておきたいのはセキュリティ面です。しっかりとしたセキュリティ対策が企業サイトでは必要となります。

WordPress

CMSサイトのメリット・デメリット

quality management

CMSには具体的にどんなメリットがあるのか?
また注意しなければいけない点はどんなところか?
ここでは主に中小企業ホームページの担当者側からみたCMS採用のメリットデメリットを説明いたします

CMSホームページのメリット
1.コンテンツ内容の更新が簡単
CMSの最も選ばれる理由が更新の簡単さにあります。一般的なHTMLサイトは、HTMLやCSSを理解した担当が、DreamWaverやHomePagebilderなのどのホームページ作成ソフトを使って変更を行います。それら知識が無い方は製作会社に依頼をし、お金を払って依頼をするのが一般的です。しかしCMSのメリットは担当社がネットにつながっている端末(パソコン、スマフォ、タブレット)などどこからでも簡単に記事の編集、追加、更新が可能となります。 時間的な優位性もあり、製作会社など他者に依頼する場合は完了までに数日のタイムロスが発生しますが、XMSの場合は更新者の作業が終わった時点で即完了するメリットがあります。
一般的企業担当社はWEB更新専属ではないため「パソコンが得意」や「総合的業務」などでサイト更新を兼任していることが多く見られます。
サイトの更新や管理に大幅な時間を割くこともあります。しかし全てのページが容易に更新できるという訳ではなく、一般的な新着情報やブログであれば標準機能のCMSで問題無く更新可能です。しかし会社概要や商品情報などの更新は、htmlやCSSを直接編集する必要があります。そのため、CMS構築の才は、製作会社との打ち合わせで、どこまで簡単に更新するかを事前に打ち合わせる必要があります。
2.複数人の担当社でサイト管理が可能
CMSを使えば、広報、営業、マーケティングごとにIDとパスワードを発行し、各部署が担当ページを更新することが可能です。広報であれば新商品の発表、営業であればキャンペーン情報、マーケティングであれば調査依頼などの告知も可能。部署毎に管理もできます。
また、各担当者毎の権限機能の別けることができ、記事の投稿のみ、記事の投稿を許可する、サイトの管理者などログインIDによって、利用できる機能を制限することも可能です。
この権限機能は業務リスクの回避にも活用出来、特定の特定の担当社のみにサイトの更新業務を集中させない、担当引き継ぎ、だれが更新したか?など様々な情報の細分化が可能。経営者や管理職には大きなメリットがあります。
この権限機能は業務のリスク分散に役立ちます。特定の担当者にサイト更新業務を集中させない、休んだり退職すると誰もサイトのことがわからなくなる、といった人的リスクを回避出来るので、経営者や管理職にとっては大きなメリットといえるでしょう。
3.ページデザインの統一性を担保
決められたテンプレートでページ更新が行われるため、デザインの統一性が保たれます。利用者に対してもユーザビリティ(使いやすさ)にも優れており、運用側も担当社が変わるたびに、コーディングルールや画像の名前の付けかあ、保存場所など最初に決められた場所で統一されるため、引き継ぎが簡単にできます。
そういった意味ではCMSはプログラム設計通りに作られるため、初めて担当社でも簡単に習得可能です。
4.ページ追加に費用がかからない
サイトを運営するにあたり、同様の記事ページが追加になると、制作会社に依頼をかけ、追加費用が発生しますがCMSの場合はページ追加ボタンを押すだけで、同様のテンプレートでページが新規に追加されページ追加費用がかかりません。運用コストが抑えられるのもCMSのメリットです。
5.SEO対策にも最適
YahooやGoogleなどの検索エンジン上位表示の対策として、CMSは検索エンジンに最適化したコードで作ることが可能です。担当社のコーディングスキルに影響されることなく、追加ページや、更新内容も体系的に整理されるので結果的に検索結果で上位表示されること望めます。
6.無償プラグインが豊富
WordPressなどは無償で便利なプラグイン(追加機能)が世界中のプログラマーにより開発されております。たとえて言いますと、車のオプション付属品みたいな感じです。しかもそれは無料が多く、新規でプログラム開発により実装すると費用が発生しますが、プラグインを利用すれば安価に高機能なCMSサイトを作ることも可能です。
CMSホームページのデメリット
1.通常の静的ページ(html)サイトと比べて制作費が割高
静的HTMLの機能に付加する形でCMSの機能を追加するので、HTMLのみの静的ページより若干制作費が割高になります。
しかし、日々の更新を外部業者に依頼し変更費用を払うことと比べれば中長期的に見て割安になることがあります。変更内容がないランニングページなどは静的ページ、可変がよくあるサイトはCMSサイトなど用途を別けて利用するのが得策です。初期費用(イニシャルコスト)を押さえて制作したいと思う場合はCMSは不向きかもしれません。
その点も、用途を踏まえて営業が丁寧にヒアリングさせていただき、お客様にあったサイト制作提案を申しあげます。
2.ちょっとHTMLを知ってるデザイナーでは変更が大変
静的なHTMLサイトに比べCMSの機能を備えたサイトは、作り込みが複雑。異なるページでも、他ページで共通部分のhtmlを流用して読み込んだり、CMS特有のタグが存在したいたします。そのため、静的HTMLのみを知っているデザイナーでは、デザインの変更が難しく大幅な可変に時間がかかります。
3.バックアップの必要性
通常、静的HTMLとCSSで作成したサイトはローカル(作業したパソコン)にFTPサーバーにアップロードする前のデータが残っています。
しかし、CMSはネット上の管理画面から記事の投稿をするため、投稿記事のデータはローカルパソコンには残りません。そのため、定期的に投稿したデータをバックアップする必要がございます。
CMSプラグインの中には定期的に投稿記事のデータを自動バックアップし、登録したメールアドレスにバックアップデータを送る機能を備えたものもあります。
それらプラグインを併用することで、バックアップの作業も軽減可能です。
4.記事投稿の作業が発生
今まで、制作会社などに丸投げしていた記事投稿、ニュースお知らせなどは自社で行えるようになるため、記事をアップロードする手間が発生いたします。
しかし、制作会社に変更依頼を出すにしても、原稿は自社内で制作するため一度作った原稿をコピー&ペーストでWordPressのダッシュボード(管理画面)に貼り付けて公開するだけです。
手間と言っても、原稿が手元にあるのであればアップロードする手間はそれほどではございません。
CMSでは下記のような事も可能
CMSは並び替えが得意!具体的には日付ごと、商品カテゴリごと、地域別、ユーザーやグループごとなど抽出して別けて表示することが得意です。 ニュースやお知らせもカテゴリ毎に別けて日付でソートして表示などCMSでは簡単にできます。
商品をカテゴリごとに紹介
商品紹介などはCMSで事前に準備したカテゴリ項目にチェックするだけで商品を大中小カテゴリに分けて紹介することも可能。 また、関連商品や商品並び替え、商品カテゴリ変更もHTMLソースを変更することなく、管理画面で簡単操作。
不動産サイトにも最適
自社の施工実績や販売実績を紹介するページでは写真が重要になります。写真の位置や大きさなど事前にデザインテンプレートで決め、紹介時は管理画面から写真をアップロードするだけ。販売中のカテゴリにある物件も、ボタン一つで商談中物件→成約物件と簡単にカテゴリー移動が可能です。 不動産サイトにある、一覧紹介、物件詳細紹介など、管理画面で物件登録するだけで、自動でそれら情報を既存情報に加えて紹介することができます。
CMS導入をご検討の方はこちら
WEB制作の流れをご説明
HTML5 CSS3の最新コーディング説明
アメブロカスタマイズ
Google Analyticsを用いたWEB解析
WordPress、Movabletypeなどを用いたCMSサイト制作

ページトップへ移動