システム開発の流れ

System development

お客様企業の要望に合わせ、システム開発におけるWebコミュニケーション戦略から実際のWebシステムの構築・運営までを一貫したサービスとマーケティング的要素からからお客様のための最大のROI実現いたします。

Google Analyticsによるウェブ解析

システム企画

通常受注をする前に、営業やITコンサルタントがエンドユーザのシステムに関する要望や、現状システムの問題点などをヒアリングし、それに基づき、システムの企画を行い、エンドユーザにプレゼンテーションを行ったりします。

要件定義

システム方式設計と言う場合もあります。システム開発を行う際に、再度エンドユーザの現状業務やシステムを分析し、業務要件とシステム化要件を定義します。 エンドユーザは、システムに関する知識は持っていないことが多いため、その要求は、曖昧だったり、矛盾していたりしますが、ITコンサルタントやSE(シ ステムエンジニア)が、それらを取り纏め、実現可能な要件を定義する工程となります。ここがエンドユーザの認識とシステム開発者サイドで認識のズレが生じ ると、後工程で致命的な設計上の欠陥が顕在化する場合があるので、非常に重要な工程です。

概要設計

基本設計、UI(ユーザインタフェース)設計と言う場合もあります。ここでは主に入出力に関する機能設計を行っていきます。具体的には、画面設計、帳票(レポート)設計、データベース設計などがそれに該当します。

詳細設計

システム構造設計と言う場合もあります。概要設計で決まった機能を、プログラムレベルに分割し、それぞれのプログラムで実現する機能を定義します。

プログラム設計

詳細設計において機能ごとに分割したプログラム1本1本の構造や処理手順を、詳細に設計します。プログラムを記述する前に、日本語でその内容を記述するようなイメージです。

プログラミング

プログラム設計書に基づき、プログラムを作成する工程です。コーディングとも言います。

プログラムテスト、結合テスト、システムテスト、運用テスト

プログラムテスト
結合テスト
システムテスト
運用テスト

作成したプログラムをテストしたり、機能を検証したりする工程です。品質を担保するための重要な工程です。プログラムのテストをプログラムテスト(単体テス トとも言います)、各プログラムをつなげて機能レベルのテストを行うのを結合テスト、システム全体で検証することをシステムテスト、エンドユーザが実務 データに基づき検証するのを運用テストと呼びます。

運用保守

この工程は、開発終了後(カットオーバーなどという場合があります)、システムが実際に動いた後(本番稼動、サービスインなどと呼びます)、障害対応やユーザの追加要望に対して対応しながら、システムの運用や保守を行っていく工程です。 その他、ユーザトレーニングやサポートなどの工程も発生します。新しいシステムを導入するため、システムに不慣れなユーザは、導入後すぐにシステムを使いこなすことは難しいため、操作トレーニングや稼動後のサポートを行うこともあります。

システム開発

ページトップへ移動